1. トップ
  2. ニュース&マガジン
  3. 封筒豆知識
  4. 【個人情報が漏れない!】封筒のセキュリティ対策
  • 封筒豆知識

【個人情報が漏れない!】封筒のセキュリティ対策

はじめに

近年、プライバシーや個人情報の扱いがますます厳重化されています。

ビジネスシーン、プライベート関係なく個人情報の記された書類などを発送する際は、中身が透けて見えないように注意することが大切!

今回は封筒で書類を送る際の『個人情報を守るための具体的な方法』を紹介していきます!

個人情報における封筒のリスク

封筒の個人情報の取り扱いにおいて、一番のリスクは封筒が透けて不特定多数の人に中身を知られてしまうことです。

他にも封筒に記載する住所や宛名などの個人情報から、中身と個人情報が結びついた形で不特定多数の人に知られてしまう可能性があります。
特に請求書や契約書などの個人情報が記載された重要書類の場合は情報漏洩などのトラブルへと発展してしまうことも…!

このような大きなトラブルに繋がらないよう、封筒を送るときは中身が透けていないかをチェックする習慣をつけましょう!
※例え中身が重要書類ではなかったとしても、受け取る側への配慮として封筒の中身が透けないようにしてくださいね!

“封筒”で守れる個人情報

内側に地紋のある封筒

「内地紋」は封筒の内側の全面に連続したパターン模様を入れることで中の書類の文字を判読できないようにすることができる封筒です。
請求書などの伝票や個人情報が含まれる書類を送る封筒には「内地紋」を印刷したものが多く使用されます。

オリジナル地紋として使われる紋様は様々ですが、どの紋様も透けにくさは変わりません。ちなみに、既製品の内地紋には千鳥格子が採用されています!

またオーダーメイドの場合は、会社のロゴなどのオリジナル地紋を使用することも可能!

色のついた封筒

封筒の透け感には紙の色や透明度が関係しています。
特に「色のついた紙」は透明度が高いほど光の透過を抑えることができるので透けにくい!

他にも封筒中面にグレーや表面同系色でベタ印刷している封筒も透けにくく作られており、人気のパステルカラーの封筒を使いたい方にもおすすめです!

ビジネスで使用される封筒のカラーについては『【ビジネスにも使える!】封筒の種類と色の使い分け』もご覧ください!

不透明加工の封筒

色のついた紙を使用することで、中身が透けないようにする方法はありますが、ビジネスシーンで使用したいのは、主に白を基調とした封筒ですよね。

そういう時は白を使用しても透けない「不透明加工」を施した機能紙を利用しましょう。
見た目は普通の白色の封筒ですが、特殊加工により中身が透けにくくなっています。

すぐにできるセキュリティ対策

色や紙の素材でも中身を見えにくくすることはできますが、自分でより中身を見えにくくするためには書類の入れ方もポイント

外から中の内容を見えないようにするためには、文字が印刷されている面を内側にして3つ折りにしましょう!
折りたたむことで紙が重なり厚みが増すことで透けにくくなり、文字も重なるので判別しにくくなります。

他にも書類などを包むように中紙を使用する、内容物と封筒の間に送り状をつけてを挟む、などの方法もあります。
色々と方法はありますが、送る前には、中身が透けて見えないかのチェックをすることが最も大切です!

つい見落としてしまうかもしれませんが、気を付けましょう!

まとめ

東京封筒では、ビジネスでも多く使用される『窓付き封筒』から、特殊な封筒や1mm単位で窓やロゴ、文字の大きさ・位置をカスタマイズできる『窓付きかんたん見積もり』、既存の封筒をそのまま作成できる『これでつくって封筒』など多く封筒を取り扱っております❀

ぜひ、手紙や書類を送る封筒にお困りの際は東京封筒にお任せください!

Nozomi

企画担当・デザイナー

Nozomi

幼少期から絵を描くことが大好きで没頭すると時間を忘れるほど。
今の目標は新しいデザイン封筒や多くのデザイナーさんとのコラボ封筒を作ること。文章とマンガを組み合わせ、封筒の知られざる秘密や魅力を伝えていきます!

かんたん見積もりを試してみる